納骨堂が選ばれる理由|お墓選びに迷ったらココ

永代供養と納骨

男性

システムと特徴

一般的に火葬後の遺骨はお墓に埋葬され家族や親族が供養を行います。しかし、少子化などの影響によってお墓を建てても供養する人がいない方もおり無縁墓になってしまう場合があります。このようなケースを避けるために作られたのが納骨堂です。納骨堂は寺院や霊園が運営管理する施設のことで新しいお墓の形として注目されています。納骨堂を利用するには永代供養料を支払う必要があります。永代供養料とは納骨堂に埋葬した遺骨を寺院や霊園が供養して管理する費用のことです。納骨堂に遺骨が安置される期間は各寺院や霊園によって17回忌、33回忌、50回忌などそれぞれ設定されています。設定期間を過ぎると他の方の遺骨と一緒に合祀され永代供養墓に移されます。移されたあとも寺院や霊園が供養を続けながら管理していきますので安心です。納骨堂を利用する際の費用は納骨堂のタイプや供養方法により違いがあり、都圏では数十万から数百万となっています。納骨堂のタイプとは遺骨を納める様式のことで屋内型や屋外型の2種類があります。屋内型はロッカー式、機械作動式、仏壇式などがあり予算や自分の希望に合わせて選ぶことができます。以前は1人分の遺骨だけを納めるものが殆どでしたが、現在は夫婦で入ることが可能なタイプもあります。屋外型は、コンパクトタイプのお墓に遺骨を埋葬する様式となっておりお墓参りをすることができます。このように様々な様式の納骨堂がありますのでシステムを理解して自分の希望に合ったものを選ぶようにしましょう。

穏やかにすごすために

神奈川県を始め、全国的に霊園は多くあります。宗教や宗派を問わず利用できる永代供養は、格安の値段で業者がお墓を管理します。このシステムのおかげで終活を心穏やかにできている人が増えているので、今後利用者はますます多くなるでしょう。

ずっと安心するために

京都での永代供養が注目される現在、跡継ぎがいないからお墓をどうしようかという悩みも解決できるようになりました。永代供養で様々な悩みを解決できるケースは多いです。緑豊かでキレイな場所にお墓を購入しましょう。

新しいお墓のかたち

京都にはたくさんのお寺が存在します。そしてお寺の多くは時代の変化に伴い永代供養を取り入れています。永代供養とは身内に代わりお寺が供養やお墓の管理をしてくれるのです。宗派など何も関係なく好きな場所を選ぶことができます。